菊川怜と対談 現役医学部生大平俊介

医学部受験にあたり、いろいろな教材を探していました。そんななか、興味深い教材があったので紹介したいと思います。

 

○菊川怜と対談 現役医学部生大平俊介

(平均的な能力の受験生でも結果を出す大学受験勉強法マニュアル)

受験やインターネット・メディア界で有名である大平さんが、東京大学卒業の女優 菊川怜さんや各界の方々と受験対談をされている内容となっています。

偏差値43から医学部へ合格した受験のプロが教えてくれる究極の勉強法です。

センター試験で高得点を短期間にとれるコツや、二次試験など大学受験で成果を出すための方法などが描かれています。

東大卒で有名な菊川怜さんは女子校としては日本一、東大合格者を排出すると言われている桜蔭中学・高校を経て、現役で東大に合格されました。そんな菊川さんは併願した慶応義塾大学医学部、早稲田大学理工学部にも合格しています。大学受験の女神とも言えますね。他にも調べてみると、YouTubeでも菊川怜さんと大平俊介さんの受験対談の様子を見る事が出来ました。効率よく成績を上げ、大学を合格したい人は必見です。塾や予備校の前に効率の良い学習法を学ぶのに役立つ内容となっていました。これから受験をされる人には必見です。

受験の神様和田秀樹

医学部受験の為、参考になる教材を探していると興味深い内容の教材と出会ったので紹介したいと思います。

 

○受験の神様和田秀樹

(受験の神様とよばれる精神科医の和田秀樹が教える受験勉強法)

「勉強なんてしたくない」「学校なんて行きたくない」などと言っていた登校拒否の生徒を東大へ現役合格させ、数多くの受験生を合格へと導いた事から「受験の神様」と呼ばれるようになった精神科医の和田秀樹さんが作り出した「大学受験に合格する事だけにこだわった大学受験専用の合格術」が書かれています。

高校時代に「劣等生」と言われた和田秀樹さんが、ふとしたことから「ある勉強法」に気付きます。それがきっかけとなり、独自の大学受験合格法を開発した和田さんは東京大学医学部に現役合格を果たす事が出来ました。そして、その独自の勉強法を広める活動を行い、数多くの生徒を一流大学へと合格させました。「不合格になってしまう生徒は、決して頭が悪いわけではなく、“合格できる勉強法”をしらないだけ」と言う和田秀樹さんが、大学受験合格への「秘密」を書かれた内容となっています。そんな本書は、大手教材販売サイトの総合部門販売数で1位を獲得した教材でもあります。

東大卒家庭教師吉永賢一

医学部受験にあたり、インターネットを使っていろいろな教材をしらべていると、興味深い内容の教材があったので紹介したいと思います。

 

○東大卒家庭教師吉永賢一

(東大卒家庭教師の吉永賢一の東大記憶法)

「どんな記憶術を使っても覚えられなかった・・・」「覚えられても、試験や仕事という“本番”で使い物にならず、結果を出せなかった・・・」という人たちの為に、その理由を解説し、さらに「結果を出せる記憶法」の全貌も明らかにしている教材です。

「最初からすごい才能があったわけではない」と話す吉永さんが身に付けたのは「現代の試験事情にマッチした記憶法」です。記憶術を使って覚えるだけでは、複雑巧妙化している現代の試験には対応しきれなくなっているようです。例えば、「覚えた事の応用が効かないために実際の試験問題が解けない」というような事も増えてきています。したがって、記憶術だけを頼りにしていても、今の試験に通用しないのが現状のようです。その事に高校時代に気付いた吉永さんは「記憶法」=「記憶力」+「記憶術」とし、「各個人がそもそも持っている記憶力を覚える」ことと「その記憶力で対応しきれないところを記憶術で覚える」という二本立てにし、必要な事を必要な分だけ、必要な形で覚えていくという方法を生み出したのです。

 

そんな記憶法が書かれた本書はとても興味深く、医学部受験の参考になる事間違いなしです。

語学プロ平松勝男

医学部受験のためにインターネットの各サイトからいろいろな情報を集めていたところ、興味深い教材と出会う事が出来ました。そんな一つを紹介したいと思います。

 

○語学プロ平松勝男

(語学プロの平松勝男の東京大学法学部受験突破の勉強法)

王道の勉強法というよりは、やや裏技的な勉強法の内容となっていますが、「徹夜で勉強する必要はない」とし、膨大な学習時間や根気、記憶力は必要ないと平松さんは話しておられます。しかし、まったく勉強しなくてもいいというわけではありません。必要なのは正しい勉強法なのです。そんな勉強法の内容を紹介している本書を読み終えると、次のようなメリットを得られると著者は話しておられます。「試験に合格してしまうコツが身につく」「楽しくて短期間に合格が得られる」「計画を立てて挫折をするという事がなくなる」「何故か試験運が高まる」「自分の生き方についてポジティブになる」「気がつくと沢山の試験に合格している」「気がつくと周りの人から勉強が出来るように思われる」など・・・。

一日8時間睡眠をとりながら、たった35日間で偏差値75を突破し、東京大学・大学院へと進む事が出来た平松勝男さんの著書で、今までと違った勉強を身に付けて受験に挑みたいと思います。

30年のキャリア野元善博

医学部受験に向け、いろいろな教材を検索しており、その中で見つけた興味深い内容の教材を紹介したいと思います。

 

30年のキャリア野元善博

(野元義博の国立大学医学部医学科・受験合格術)

多くの受験生を医学部受験合格に導いているとされる野元善博さんによる国立大学医学部医学科の合格法です。

福岡進路指導センター代表取締役の野元善博さんは、公立・私立の有名進学高校で12年に渡り進路指導をしてきた進路指導のスペシャリストです。その豊富な経験を基に、福岡進路指導センターでは、2300人以上に及ぶ卒業生が100%志望大学に合格するという驚異的な実績を残しています。そんな野元善博さんが経験を基に、「なんとしても国立大学医学部に合格したい」という人たちの為に、難関国立大・医学部に、最短確実に合格する方法を伝える著書となっています。

大学受験に一発合格できるためには、どんな大学受験の環境においても「効率よく」「最短距離で」「最低限の学習で」有名大学・難関大学に現役合格する方法が書かれています。受験生は、単なる「受験テクニック」の域を超えた合格のための戦略や戦術を身に付ける事ができ、保護者は子どもが第一志望の大学に合格するための親のサポート術などもわかります。